jimosumu(ジモスム)で紹介していただきました

新建新聞社さんのjimosumuジモスムというサイトの中の

【地域のつむぎ手の家づくり】

というコーナーで、紹介していただきました

 

https://note.com/s_housing/n/n390630ca9c6f?magazine_key=m16fbc81ef5ef

 

 

どういう家を建てようとしているか

文章で表現してもらうことで

見えてきたのが

大事なことは 自然であること・無理がないこと

 

 

こちらは編んだ竹小舞に半分土が塗られた壁です

この部分だけ見ると、すべて自然からいただいた素材です

 

昔から数百年の時を経て現存する 日本の建物

伝統構法で建てられた建物を見てみると

素材・構造・工法そのすべてが

日本の気候風土に合っているからこその証だと考え

それに習い、できるだけ身近にある 木・土・石 などを使い

丁寧な職人仕事で建て

家としての役目を終えたものは やがて土へ還る

自然の中で調和する家づくりが

住まい手にも自然環境にもやさしい家になると考えていること

 

それを再認識しました

 

 

家は建ってから楽しみが増えていく場所

今の家族のカタチに合わせて

日々、豊かになる暮らしをつくる

そんな家づくりをしていきたいと思います

 

jimosumu・ジモスム

全国の地域のつむぎ手の家づくり

たくさんステキな記事があるので是非ご覧ください

前の記事

おもしろい家づくりをしよう⑤